Gポイント HOME > ポイント交換 > 災害からいのちを守る森をつくるに寄付する

災害からいのちを守る森をつくる つかう

公益財団法人鎮守の森のプロジェクト

震災を経験した私たちが次世代を守るため、できることがあります。地震による津波、大火災、土砂災害からいのちを守った森があったこと、それを伝え残しそしてつくること。森という自然の力で減災を目指しています。

ポイント交換レート

災害からいのちを守る森をつくるに寄付する場合

Gポイント
1
災害からいのちを守る森をつくる
1
ポイント交換単位
1G
最小交換量
1G
交換申請後のキャンセルは出来ません。ご注意ください。

ご注意事項

皆様からの募金は六ヶ月に一度、公益財団法人鎮守の森のプロジェクトへ振込いたします。
所定の振込日までに寄付団体に解散等が生じた場合は、当社が提携しております他団体へ振込先を変更します。その際の寄付はお戻しいたしかねますので、あらかじめ承認の上で、寄付をお願いします。

皆さまのご支援でこんなことができます

私たちは、植物生態学者 宮脇昭(横浜国立大学名誉教授)が長年の調査研究により指導する、
わずか20年ほどで立派な森へと育つ独自の方法で植樹しています。
それは、植樹地域に自生する20種類以上の樹種(主にシイ・タブ・カシなど常緑広葉樹)のポット苗を
混植・密植する方法です。その地域を植生調査することにより、樹種や割合を導き出していきます。
その地域を昔から支えている、自生する樹種で成り立った森(=鎮守の森)が、減災に大きく役立った調査結果から、
私たちはこのような樹種と方法で森をつくっています。
樹高30cmのポット苗を植樹してから6年経過した東北の植樹地は高いもので4mを超しました。
皆さまからのご寄付は、災害からいのちを守る森づくりに役立てられます。

<詳しくはこちら>

例えばこんなことに使われます

皆さまのご寄付で「いのちを守る森」をつくっています。
苗木1本を植えるのに、土壌改良費や資材費など含めおよそ1,000円がかかります。
これまでに東北の沿岸部を中心に48万本の木を、約5万5千人の一般のボランティアと共に植樹してきました。
(2012年〜2018年12月現在)
これからも、東日本大震災で被災した沿岸部、岩手県・宮城県・福島県を中心に、南海トラフ地震などが予想されている関東以西の太平洋沿岸部にも「いのちを守る森」をつくっていきます。

Gポイント会員さまの、愛の贈りもの

ポイント募金まことにありがとうございました。
お預かりしたみなさまのGポイントを、下記金額にて、責任をもって寄付させていただきます。

2021年08月度募金額
1760円
これまでの募金総額 55853円
※2021年08月31日 までの累計です。

※お客様の募金について領収書の発行は致しません。






アクセスランキング